我が家のキャッシュフローお見せします。どう節約し人生を楽しむか

家計
スポンサーリンク
自分のキャッシュフロー
にゃっく
にゃっく

こんにちはー!

人生山あれば谷あり。今日は我が家のキャッシュフローをお見せ致します。携帯からだとエクセルの表示が長いので少し見づらかったらごめんなさい😣

我が家のキャッシュフロー

日本FP協会さんのキャッシュフロー表をお借りしました!
とても使いやすいので興味がある方はぜひ使ってみて下さい♪日本FP協会 キャッシュフロー表」で検索すればすぐ出てきます。

早速ですが下記の表が我が家の物です。

202220232024202520262027202820292030203120322033203420352036203720382039204020412042
経過年数現在1年後2年後3年後4年後5年後6年後7年後8年後9年後10年後11年後12年後13年後14年後15年後16年後17年後18年後19年後20年後
(父)の年齢394041424344454647484950515253545556575859
(母)の年齢313233343536373839404142434445464748495051
(息子)の年齢2345678910111213141516171819202122
(子)の年齢000123456789101112131415161718
(     )の年齢00001234567891011121314151617
ライフイベント  息子幼稚園 家購入息子小学校入学子幼稚園  子小学校入学 息子中学入学  息子高校入学子中学校入学 息子大学入学子高校入学  
(父)の収入460470500510500530540550560570580590590590590590590590590590590
(母)の収入 90009090909090909090180180180180180180180180180
一時的な収入1812303030242424242424242424121212120  
配当303234363638404244464850525456586062646668
収入合計(A)508604564576656682694706718730742754846848838840842844834836838
基本生活費319322326328336339341343345347349355357340342346348350352354356
住居関連費65656565145145145145145145145145145145145145145145145145145
車両費272727272727636363636363636327272727272727
教育費56024248490565656646482828292110110230240240240
保険料161616161616161616161616161616161616161616
その他の支出555555555101010101010101010101010
一時的な支出6060606030060606060606060606060606060606060
支出合計(B)497555523525913682686688690705707731733716692714716838850852854
年間収支(A-B)11494151-2570818282535231131321461261266-16-16-16
貯蓄残高1201692102614412305883118141254386532658784790774758742

内訳

一時的な収入・配当・一時的な支出

一時的な収入は児童手当の3歳未満が18万、3歳から15歳が12万で計算してます。

配当は今現在が年30万くらいで、月60万高配当に投資して4%計算で2万ずつ配当が増える計算。

一時的な支出:月60万高配当への投資、家の頭金に300万

車両費・住居関連費

車両費:自動車税4万 ガソリン12,000円オイルなど1万=年16万 車検2年で13万 今の車が20年経過する前に買い替え

今はコンパクトカーですが10年近く乗っており、子供が増えたら買い替えを検討しないといけません。

住居関連費:現在年65万、マイホーム購入後年145万(月11万くらい支払い計算)

住宅ローンは月10万くらいで抑えられると良いんですが、どうでしょうかね・・・まだあまり調べられていません。

教育費・保険料

教育を受ける子供

教育費: 保育園3歳未満5万=年60万 幼稚園2万=年24万 小学校年間32万 中学校年50万 高校公立年60万 私立年100万 大学私立文系110万 理系180万 

世間一般のかかった金額の平均値らしいのをネット上で調べたものです。習い事は1つ程度で部費なども低めの費用で計算されてそう。

高校は一人公立・一人私立で計算。20年のキャッシュフローなのでまだ1人目(まだ妊娠してもいません🤤)の大学費用も計算しておりません!希望的観測!!

大学は奨学金を借りる気満々でいます。。。

保険料:車35,000円、生命保険5,000円=年6万 県民共済2人で5,000円=年6万

その他の支出

旅行にいく家族

その他の支出:旅行など5万、子供が成長してからは10万。もっとかかるでしょうが、取り合えずこの金額で入れておきます。

基本生活費

電気代:11500円=年140000円
ガス代:12,000円=年144,000円
水道料金:月3,000円=年36,000円
食費月6万円+外食費1万円=年84万
積立NISA2人分10万=年120万
オムツ月5,000円=年6万
衣服:月5,000円=年6万
日用品:月1万=年12万
美容・化粧品:月6,000円=年72,000円
趣味・娯楽:月5,000円=年6万 子供のお小遣いも入れて月10,000円=年12万
携帯:親1万=年12万 小3から見守り携帯月1,000円=年12,000円、中学からスマホ3,000円=36,000円
ネット:引っ越し後6,000=年72,000円
医療費:年36,000円
奨学金:月16,000円=192,000円⇒43歳で終了

年間収支が赤字!

年間収支をずっとプラスにしていきたい所ですが赤字です!

これ以外にも食費も体が大きくなっていけば上がっていくし、衣服、美容費、電気代、エアコン購入、家電の買い替え、家の修理など沢山費用がかかることでしょう・・・習い事や塾も考えていかなければいけません。まだ計画は立てられておりませんが。。

やはり大学に入るころにとっておきの積立NISA一人分を切り崩していこうかと思います。

今現在の資産と毎年の積立NISAや高配当株への投資資産は計算には入れておりません。その内住宅ローンの早期返済に使う可能性はあります。

感想

キャッシュフローを作ったのは良いですが中々厳しい現実でした。

副業で収入を増やすか、節約して締められる所は締めねばいけません。こうやって目に見えるようにすると何をしたら良いかわかりやすいですよね。

自分は今の人生を楽しんで行きたいので毎年の旅行は行けたら良いなと思っています!

にゃっく
にゃっく

厳しい現実を乗り越えていきましょー。何か良い案ありましたら知恵を分けてください!

定期的にキャッシュフローを見直し、付け足しして将来について考えていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました